【Teamsライブイベント活用!】ハイブリット型での全社会議を開催しました。

Teams
コミュニティマネージャー 北
こんにちは、コミュニティマーケティングユニットの北です。
2022年度に開催されたKickoff(社員総会)についてご紹介します。

フルリモートで働く、私たちの全社会議 Kickoff って?

私たちは全国各地で働くメンバーとともに、全社フルリモートで働いています。実はまだ一回も実際にあったことがない、というケースは珍しいことではありません。
そんな中、四半期に一度、会社の戦略をはじめ、取り組み発表や社員間の交流を深めるため、全社で社員総会を行っています。

今までは新型コロナウイルスの影響もあり、オンラインで開催してきましたが、今回は念願のオフライン開催をすることができました。そしてなんとオフライン開催は約3年振り!2020年に新卒で入社した私も初めての経験です。全国各地で働くメンバーが集まり、初めてリアルで会う仲間と共に、鎌倉の地での開催が実現しました!

年に2回半期に一度のKickoffを今年は、7月はオフライン、今年1月はオフライン開催で実施しました。実施後アンケート結果の軍配は、オフライン開催に上がりました。


久しぶりのオフライン開催でのKickoffのアンケート結果は、過去最高のNSATスコアを記録しました。そして、今回の軍配では負けてしまった1月のオンライン開催も160というスコアで、こちらも決して低い数字ではなく、満足度高い結果をこれまで同様維持できていることを実感しました。どちらを活用しても、高い満足度が得られているということが分っています。

社員の気持ちを高めるKickoff Weekを開催

7月のKickoffでは、初めての試みとして”Kickoff Week”を開催しました。
通常は1日で終わるスケジュールの全社会議ですが、今回は鎌倉で行われる最終日に向けて、社員の熱量を上げていくために、アジェンダを1週間分けて開催しました。毎日様々な情報をインプットすることができ、社員からも「徐々に気持ちが盛り上がっていく1週間だった」、「1週間かけて少しずつインプットすることはとてもいいアイデアだと思った」などのコメントがありました。

7月。念願のオフラインで上半期の Kickoff がスタート!

まずは7月に開催されたKickoffをご紹介。
普段遠方で仕事をしているメンバーも集まり、和気あいあいとした雰囲気でスタートしました。

アジェンダは以下の通りでした。

  • Discoveries Award 表彰式
  • Business Strategy FY23
  • フィールドアクティビティ

 

全社員フルリモートで勤務を行っているディスカバリーズ。今回のKickoff を機に初めて対面で顔を合わせたり、久しぶりに会うメンバーもいましたが、一通り挨拶が終わると普段と変わらない終始和やかな雰囲気で進んでいたことが印象的でした。

アジェンダ一つ目、【Discoveries Award 表彰式】とは、1年に1度、テーマに基づいて当期の取り組みや成果を共有し合い、全員投票の後にグランプリを決める、いわゆる社内表彰イベントです。昨年度より全社員参加型へリニューアルし、社員投票によってグランプリが決まります。
今回のKickoffでは、上位3位に選ばれた案件に関して表彰が行われました。

 

1位を獲得したのはコンサルティングチーム。社員全員で表彰を祝い、笑顔で称えました。

Kickoff後半はフィールドアクティビティ。何組かのグループに分かれ、江ノ島探索を行いながら、たくさんの写真を、Teamsを使ってリアルタイム配信するという企画も盛り込んでみました。
天気は…あいにくの雨。猛暑の中の開催ということもあり、暑さを乗り切る様々なサポートを運営にて準備していましたが、予想を反する状況に戸惑いも。しかし!フィールドアクティビティ終了後に報告会では、雨であることを楽しんでいるメンバーがたくさんいて、天気に負けない笑顔をたくさん見ることができました!

普段完全フルリモートで勤務をしているからこそ、普段画面越しに見ている社員同士の交流はとても貴重です。
そんな思いが、このような機会をより楽しいものにしていったのではないでしょうか。

また、今回のKickoffでは【Teamsライブイベント】を活用し、オフラインで参加ができなかったメンバーに向け配信も行いました。
会場の雰囲気がしっかり伝わりつつ、音声も画面もクリアに…と当日のセッティングに少し手こずりましたが、配信から視聴してくれるメンバーからも「ちゃんと見ているよー!」と嬉しい報告を受けることもできました。
準備を重ね、小さなアクシデントにも丁寧に対応をすることで、さまざまな環境で参加することを叶えることができたKickoffとなりました。

1月。どこにいても繋がれる。オンラインで下半期の Kickoff が開催!

年明けすぐ、2023年1月。下期のKickoffを開催しました。
代表の島田さん、副社長の小野さんからの戦略やビジネス状況を聞き、社員全員が現状の認識を合わせるところからスタート。

中盤では、ユニットの垣根を超え、各グループに分かれ、ワークショップを行いました。
カスタマーサクセスとしてお客様へよりよいサービスをご提供するため、さまざまな視点から意見を持ち寄り、ディスカッションを行いました。
ディスカバリーズがご支援しているお客様の業種は多岐に渡ります。今回のカスタマーサクセスに関するワークショップでは、各業種について深堀し、「カスタマーサクセス(お客様の成功)」とは何かを徹底的にディスカッションしました。
Kickoffの実施後アンケートでも、「会社の戦略とお客様の課題を結び付けて考える時間になった」「もっと時間をかけてしっかり考えたい」など、本気で向き合う姿勢をより引き出すことができたと感じています。

フルリモート化で全社会議を実施することが、徐々にディスカバリーズの「普通」になってきました。
その中で、どうしたらもっと情報を格差なく届けることができるのか、また、社員皆が参加しやすく充実した時間を送るためにはどうするべきか、プラスアルファで考えていかなくてはいけないステージに来ていると感じています。
今期のKickoffでは、「どこにいても、どんな環境でも繋がることができる。」そんなことをより実感できるとなりました。

ディスカバリーズでは、離れていても繋がり、皆が成長しパフォーマンスが発揮できる、そんなコミュニケーションを実現していくため、さらに挑戦をしていきます。