【社員紹介】新卒入社!コミュニティマネージャーへの一歩

人事
エンプロイサクセスマネージャー 飯塚
こんにちは、エンプロイサクセスマネージャーの飯塚です。
社員紹介シリーズ2020年入社の北 希織さんをご紹介します。

ディスカバリーズに入社した理由を教えてください。

2020年の新卒社員として、ディスカバリーズに入社しました。大学では体育学部にいましたが、学生時代にIT業界への興味関心が高まり、その中でもITやデジタルを通じて働く人々がワクワク、イキイキ働けるようにご支援するディスカバリーズの理念に共感し、入社を決めました。

◀新しいチャレンジをスタートしたばかりの北さん

 

どのような仕事を経験してきましたか?

新卒入社での研修が終了し、最初の配属はオペレーション&サービスグループで総務、営業事務の仕事を経験しました。社内メンバーの業務サポートを通じて、社内でも1、2位を争うほど多くのメンバーとコミュニケーションを取りながら、仕事を進めてきていたこともあり、たくさんの先輩社員の特徴を知っています。
配属業務以外にも、情報セキュリティ委員会WORKSに参加し、とても内容の濃い2年間を過ごしてきています。
オペレーション&サービスグループでは、社内のDXにも力を入れていたため、オペレーションDXをたくさん実現することができたと実感しています。その甲斐あって、Discoveries Award(社内表彰制度)は2年連続で2位を受賞しました。

現在の仕事内容を教えてください。

現在は、コミュニティマネージャーとして、社内外のコミュニティ活動を企画、運営、活性化に向けた取り組みを行っています。社内においては、新入社員の歓迎やオフィスツアー開催、社内コミュティイベントの企画/運営をしたり、社外に向けた取り組みとしては、共同開催ウェビナーのスピーカー、社外コミュニティイベントの企画/運営をしてきています。
ユニットメンバーには2年後輩の新卒社員もいて、先輩として指導、育成にも関わっています。

北さんと言えば「なぎなた」。社会人初の国体で優勝!

2022年10月に開催されたいちご一会とちぎ国体のなぎなた成年女子の部にて、東京都代表として参加し、見事団体優勝メンバーとなった北さん。その一報に社内が歓喜に満ち溢れました!
なぎなたとは?

◀いつも笑顔で穏やかな北さんの凛とした姿に、優勝を聞いた全社員が驚きました。

「なぎなた」を始めたきっかけを教えてください。

小学校1年生の時。当時は奈良県在住で、小学校の体育館で地域のクラブとして行われていたところへ、友人から勧められてなぎなたを始めました。はじめての大会で入賞し、なぎなたへのモチベーションが高まったため、そのあとすぐに東京へ引っ越すことになりましたが、続けたい!と両親へ懇願し、転校後も継続してきました。そこから約十数年続けてきています。
私にとって、なぎなたは自分の性格や人間形成を作り上げてきたものです。特に武道ならではの、「礼儀」は何よりも大事にしています。そして、人生のほとんどがなぎなた生活だったこともあり、私の中の生活の一部に溶け込んでいます。

社会人になって初めての国体出場で優勝!両立は大変ではないですか?

なぎなたの練習は基本的に週末だけです。平日にしっかり仕事をして、週末はなぎなたのために時間を確保しています。リモートワークのため、タイムマネジメントも意識して行わないと仕事が残ってしまい、週末のなぎなたの練習の集中力にも影響が出てしまいます。そのため、きっちりと平日に仕事を終わらせることを意識している結果、オンとオフの切り替えにもなり、今は相乗効果の方が高いです。
また、週末はなぎなたの合宿へいくこともあります。合宿はしっかり休んで、しっかり練習といった規則正しい生活になるので、体調は常に万全です(笑)!

仕事がなぎなたへもたらした影響はありますか?

学生時代は大会に出ると、自分のことにしか目が向いていませんでした。社会人になり、大会を開催することにたくさんの方々の尽力があることを改めて実感し、感謝の気持ちが湧いています。
また、ディスカバリーズの皆さんが応援してくれていることが力になっています。今回、国体優勝したことを全社会議の中でサプライズ共有いただきました。恥ずかしかったですが、とても嬉しかったです。
人が喜ぶことが私にとってモチベーションが上がることなので、会社の上司や同僚、仲間の応援はとても大切です。

反対になぎなたが仕事へもたらした影響はありますか?

負けず嫌いな性格から、仕事でもミスや失敗するととても悔しい気持ちが湧き、「次は絶対にしない!」と思うことが多々あります。また、「もっといい仕事をしたい!」と思う気持ちもなぎなたを通じて、自分の負けず嫌いに磨きをかけてしまったからかもしれません(笑)
また、祖父の教えに「謙虚であること」があり、これを大切にしてきました。なぎなたにも通じますが、社会人になっても大事な価値観として持っています。

これからの目標を教えてください。

社会人になるときに、仕事となぎなたを両立していくことを決めていました。
今は、両立だけではなく、どちらもレベルアップしながら両立していきたいと気持ちに変化が出てきています。
マーケティングの仕事は駆け出しですが、上司や先輩、同僚のサポートを貰いながら、より会社に貢献するコミュニティマネージャーになりたいと思っています。

▲ユニットでは先輩として後輩サポートも。

また、なぎなたも自分の理想に近づくには、まだまだ精進が必要です。
どちらもなりたい自分の姿をイメージし、少しでも近づけていけるよう今後も頑張ります。

礼儀正しく、きちんと仕事をする姿は、新卒メンバーのみならず周囲への良い影響をもたらしてくれている北さん。武道の精神へ磨きをかけることは、北さんの社会人生にも良い影響が出てきているようです。ディスカバリーズは、北さんの「なぎなた」人生も全力で応援していきます!