社員が利用する社内情報共有ページ 「ランディングページ」の便利な機能とは

InSite

テレワーク下での情報共有を加速する「ランディングページ」

テレワークで課題となりがちな社内での情報共有。社内の様子が見えづらいテレワーク下では、全社のみならず各部門や取り組みベースの情報発信を積極的に行うことが必要です。そこで弊社では、自社製品である「Discoveries InSite」に新レイアウト「ランディングページ」をこの夏リリース予定!
「ランディングページ」を利用すれば、情報システム部門だけでなく、人事部門や営業部門などのユーザー部門でも、簡単にSharePointベースのページを作成・運用できるようになります。

前回のブログ記事では完成したページのイメージもご紹介していますので、是非ご覧くださいね。

今回のブログでは、効果的な情報共有を実現する「ランディングページ」の便利な機能をご紹介していきます。

発信した情報、きちんと届いていますか?

さて、一生懸命準備して社内に発信した情報、実際どれくらいの人が見てくれているかを把握していますか?

社内にきちんと情報を届けるには公開した社内ページの利用傾向を把握して、不足している情報をアップデートしたり、流入元を増やしたりするなど適宜改善策を打つことが必要です。Microsoft 365 導入企業であればこれらを SharePoint 上で行うこととなりますが、こうした利用分析にはある程度専門的な知識やスキルが必要に…。そのため、「情報を発信した後はそのままになっている…」「そもそも見方がわからない」というケースも多いのではないでしょうか。

アクションの自動計測で、改善策も打ちやすい管理画面

InSiteの新レイアウト「ランディングページ」では、ユーザー部門がステップに沿って簡単に社内ページを作成できるだけでなく、ページに関する効果測定も自動で行うことができます。「ランディングページ」の機能の一つであるCTA(Call to Action)ボタンを設置すれば、PVやUUのみならず“誰がアクションしたのか”も管理画面から一目瞭然!誰もが改善のアクションも打ちやすくなります。

「研修・勉強会に参加」をCTAボタンに設定したページ

「研修・勉強会に参加」をCTAボタンに設定したページ

「ランディングページ」の管理画面

「ランディングページ」の管理画面

「営業部からのアクションが少ないから、ページのURLを連絡してみよう」
「他のリンクは見られているのにCTAのクリック率が悪い…。足りていない情報はないだろうか」
「PVが低いから、このページへのリンクを社内ポータルの目立つところに配置してみよう」

など、自動計測される情報をもとにした改善策で、発信した情報がより社内に浸透しやすくなっていきます。

弊社製品のDiscoveries InSiteでは、「ランディングページ」の他に「ポータル」「文書管理」「ヘルプデスク」の各レイアウトもご用意。組み合わせて活用いただくことで、社内の情報共有と情報活用をより促進することができます。

社内の情報共有はテレワークでの生産性向上において重要な要素の一つです。テレワークをきっかけに、是非社内の情報共有を見直してみてはいかがでしょうか?


関連オンデマンドセミナー:社内ポータルの構築と運用
●製品紹介ページ

 

>>Discoveries InSite|驚くほど仕事が早く片付けられるクラウドサービス
社内の情報共有を促進し、生産性を高める「Discoveries InSite」は、30日間無料でトライアルいただけます。