利用度を可視化してみる

InSite

マーケティング担当のとうじょうです。
年明けしたと思ったらもう二月。あっという間に感じています。気が早いようですが雛人形を飾ってみました。去年飾るのが遅すぎたのを反省して今年は早めなんです。二人の娘は「こっちがいい」、「いやこれは私のだから触るな」と争っています。静かに愛でてほしいのですが。

一月に弊社製品のバージョンアップのリリースがありまして、お正月明けから社内はザワザワしていました。今回バージョンアップしたのは SharePoint Online分析サービス、インテリレポートです。
SharePoint Onlineをご存じでしょうか。Office 365 に含まれている情報共有サイトです。インテリレポートが、そのサイトに誰が、いつ、どこから、どのページにアクセスしたのかをログ分析して、レポートするサービスです。今回の新バージョンでは「検索キーワード」がランキングとしてレポートされるようになりました。
私はとにかく「検索」しない日はありません。皆様もGoogleなどで日々検索される日々ではないでしょうか。社内の情報共有サイトも同じです。SharePoint Onlineなら検索機能が標準装備されているので便利ですよね。一体、社員はどんなワードで検索しているんでしょう。。。
インテリレポートで見てみると、、、社内の検索ワードがラインキング形式で確認できます。さらに、例えば製品マーケティング部のとうじょうさんが、「XX商事 提案資料」と検索した!といった詳細データも明らかになるんです。
そう、私は実際の営業部力作の提案資料をベースにマーケティング資料などを作っているんです。となると、お客様別、課題別の提案資料を情報共有サイトで探しやすくしておくと利用度があがるな、、、とかサイトの使い勝手を上げるためのアイデアも生まれてきますね。
SharePoint Onlineを導入したら、その利用度を可視化してみてください。Office 365 をもっと使いこなすためのキズキが得られますし、Office 365の導入効果もグンと上がります。