加速するイベント・セミナー活動のデジタル化

Digital Marketing

 

イベント自粛の影響を受けてセミナー活動や訪問営業などが制限されたことで、マーケティング活動や商談が進まない懸念が広がっています。ディスカバリーズでもセミナーの中止を余儀なくされました。
そんな中、Microsoft Teams を使ったオンラインセミナーや、ディスカバリーズで劇的に業務の効率化を実現したマーケティングDXの取り組みのストーリーをご紹介します。

 

自動化すべき非効率な業務

当社は定期的にセミナーやウェビナーを開催しています。このセミナーに関わる業務として、申し込みフォームの作成から、申込受付、参加者データベース管理、御礼メールの配信などがあります。一つ一つはそれほど難しい作業ではないのですが、何かと手間が取られるうえに個人情報を扱うことになるため簡単に人に任せづらく、マーケティング担当が自分で抱えてしまった時期もありました。
実際、筆者の私もこれらの業務に関わることで、新しいコンテンツ制作など時間が裂けないことがストレスになっていました。これを解決するため、セミナー開催の一連の作業を Office365 の活用で自動化を進め始めたのが数年前のことです。

 

セミナー関連業務のデジタル化

まず手がけたのは、Dynamics 365 Marketing を活用した参加者情報の自動収集でした。これまでインポートやデータの整理や分析作業などが発生していましたが、コンタクト情報が Dynamics 365 Marketing に自動収集できるようになり負担が一気に減りました。
次に、参加アンケート情報の自動収集。参加者がアンケートフォームに入力すると、自動的に Dynamics 365 Marketing に情報が上書きされるようになりました。
これらのデジタル化によって、人的ミスはゼロに。極端な表現ではなく、実際ゼロになっています。セミナー業務を分かっている人がいないと困ってしまう!という課題やリスクがなくなり、現場メンバーもストレスフリーになっています。

 

 

Microsoft Teams を活用すればライブイベントを使って、マーケティング部門でも簡単にストリーミング配信が行え、マーケティング活動を自社で手軽に実施できるようになります。
ディスカバリーズでは、お客様が自社でオンラインライブセミナーを運用できるようにするために、オンボーディング・セッションを実施するなど、マーケティング業務の自動化を支援していきます。お気軽にご相談ください。

 

イベント・セミナー活動のデジタル化


◆ 2020年4月末まで申し込み可能な限定キャンペーン ◆

デジタルマーケティングによってお客様が事業活動を継続できる環境をご提供したいという強い思いから、ディスカバリーズと日本マイクロソフト株式会社の共同で、Microsoft Teams ライブイベントを使ったウェビナーと、オンラインのアンケートから Dynamics 365 Marketing で自動的にリードが登録できるソリューションを、2ヶ月間無料体験いただけるキャンペーンをご用意しました。

●キャンペーン詳細:http://discoveries.co.jp/solutions/marketingdx/#campaign