Office 365 監査ログの利用ノウハウが満載!解説Book無料提供

IntelliReport

監査対策の強化

Office365の利用状況を可視化するインテリレポートは、サイト改善や生産性向上に貢献する「攻め」の機能とともに、内部統制監査への活用という「守り」の機能もあります。
「いつ」「誰が」「どのようなルートで」「どのファイルを」「どうしたか」といった Office 365 監査ログを収集・長期保存するため、問題発生時の追跡調査と原因究明のみならず、事前の兆候察知による不正を抑止のためのツールとして利用いただけるインテリレポート。
Office 365 監査ログ収集機能においては以下の特徴があります。

●ログの長期保存
インテリレポートをOffice 365 の監査ログに連携させて、データを必要な期間まで長期保存できます。
※ Office 365 標準では保存期間が60日しかなく、データ量にも制限があります。

●CSV出力
Office 365 標準のログデータはJSON 形式のため扱いずらいところ、インテリレポートはCSV 形式で出力するため、データの二次利用が容易です。

●自動ダウンロード
定期的に監査ログデータを取得して保存する工程を意識しなくても、インテリレポートがログデータを自動ダウンロードします。

詳細はこちら:http://intellireport.discoveries.co.jp/auditlog/

 

Office 365 セキュリティレベルアップ監査対策キャンペーン

さらにOffice365 の監査ログを分析するための「解説Book」を用意しました。短期間の集中的なアクセス、想定外の権限付与や設定変更など、見るべきポイントと方法を紹介していますので、無料ダウンロードしてご活用ください。

 

●短期間の集中的なアクセス(不正アクセスの兆候)を発見する

●不正な権限の付与、想定外のアクセスがないかを確認する

●外部IPアドレスからのアクセスを確認する

●管理者による想定外の設定変更がないか確認する

 

無料ダウンロード:http://intellireport.discoveries.co.jp/auditlog/security/


●関連製品:InteliReport |インテリレポート
社員の働き方を見える化するインテリレポート